ボタン付け押えの使い方

ミシン
ボタン付け押えの使い方

今回はミシンでボタンを付ける際に使用する、“ボタン付け押え”の使い方を紹介します

 

 

ミシンでボタンまで付けちゃうことができるんだね~!
今回もよろしくお願いします!

今回は“2つ穴”のボタンの縫い方を説明するよ。
それじゃあ早速ミシンの準備をしていこう♪

1.ミシンにセットする

まずミシンに“ボタン付け押え”を取り付け
“送り歯”を下げます

縫い方を“ジグザグ”縫い幅は“3.0”に設定します♪

2.縫う

ミシンの準備ができたら使用するボタンを押えにセットします。

プーリー(はずみ車)を回して針がボタンにぶつからずに両穴ともに通ればOKです♪

そのまま低速810ほど穴に通して縫い付けていきましょう✿

縫い終わったよ!

縫い終わったら自動糸切機能は使わず、糸始末の為に10cmほど糸を残して切ってね♪

はーい!

 

3.足つきの場合

糸足をつけるときはボタンをセットした後、押えの中心にあるくぼみに目打ちを差し込み、後はさっきと同じように縫っていくよ♪

 

目打ちの高さ分糸足ができるので、少し角度をつけて目打ちを持てば厚みのある布にも対応できる糸足の長いボタンが縫い付けられるから工夫してみてね♪

縫い終わりは10cm15cmほどの長さで糸を切ります

 

糸足はどうしてつけるの?

ボタンを留めやすくしたり、丈夫で取れにくくするためにつけます

薄手のブラウスだったら短く厚手のコート・ジャケットなら長く、それぞれに合った布の厚み分の糸足を作りましょう♪

4.糸の始末

上下2本ずつ出ている糸を布とボタンの間に出して交互に巻きつけていきます。くるくると巻き終えたらそのまま駒結びで完成です♪

結び目を布とボタンの隙間に作るとより取れにくい丈夫なボタンに仕上がります✿

ボタン付けもとっても簡単だったね!


前回のボタン穴かがりの縫い方と一緒にぜひ活用してみてね!

こんな感じに仕上げることができるよ♪

コメント