ボタン穴かがり押えの使い方

ミシン
ボタン穴かがり押えの使い方

 

今回はミシンでボタンホールを簡単に縫う事ができる
“ボタン穴かがり押え”の使い方を紹介します
よろしくお願いします!

 

1.押えの準備

まず初めに、“ボタン穴かがり押え”を準備し取り付け、押えについている“センサーピン”をミシン本体に差し込みます。
次に、押えの画像青色の部分にボタンホールに合わせるボタンをセットします。


“センサーピン”はグッと奥まで差し込んでね
はーい

 

2.布をセットする

奥に進んで縫っていくので、ボタンホールを作りたい位置に布を調節してください。


布に印を打っておくと分りやすいし、失敗も少ないね
縫い方は“ボタン穴”だね!

 

3.縫う


すごく綺麗に四角く縫われていく!…で、これはいつ止めればいいの?
縫い終わりは自動で止まるからそのまま縫い続けて大丈夫だよ。
針が止またら糸を切って、後は穴を開けて完成!

4.仕上げ

最後の仕上げとして、ボタンが通る穴を開けていきます。
誤って糸を切ってしまわない様に縫い目のギリギリの場所にまち針を打ち、後はリッパーの先端を布に差し込みそのまままち針を打った方にスッと切り進めていけばボタンホールの完成です。


きれいに縫えたけど…間違えて糸を切っちゃいそう…
リッパーが難しければハサミで少しずつ切っていっても大丈夫だよ◎

 

 使用例 

今回の“ボタン穴かがり押え”“ボタン付け押え”でつけたボタンを組み合わせて使うとこんな感じになります◎

ミシンでボタンも付けれるんだね~
ボタン付け押えは次回詳しく説明します◎

コメント

  1. ボタンをセットして穴かがりするアタッチメントは
    家庭用ミシンですか?
    職業用もありますか?
    値段も教えて下さい

    • コメント・ご質問ありがとうございます✿

      こちらの記事で使用しております穴かがり押えのアタッチメントは家庭用ミシンの物です。
      職業用のアタッチメントももちろんございますが、機種ごとに商品も違ってきますので差し支えなければお使いのミシンの機種をご連絡頂けますでしょうか?
      改めて、機種に合った商品・お値段をご案内させて頂きますのでどうぞ宜しくお願い致します◎