三つ巻き押えの使い方

ミシン
三つ巻き押えの使い方 

 

今日はミシンアクセサリーの”三つ巻き押え“について紹介します。

三つ巻き押え?

服などの裾の三つ折りやフリルの端処理が簡単にできる押えの一つだよ。アイロンで折り目を付けなくても綺麗に三つ折りに縫い上げることができるんだ。

なるほど、とても便利な物なんだね!

最初は難しく思うかもしれないけど慣れるとスイスイ縫えちゃうからぜひ覚えてみよう!

それじゃあ早速、布の準備の説明からしていくね。

1.布の準備

まず布の準備をします。
3mm幅の押えなので6mm(出来上がり3mm+巻き込み分3mm)の所を爪で軽く折り目を付けます。

 

 


折り目を付けた後、画像のように先端を斜めにカットすると
押えに布が入りやすくなるよ。

本当だ!スッと入っていくね

 

2.ミシンにセットする

 

赤〇の箇所で3mm幅で畳まれている事と、青〇の箇所で押えにきちんと布が巻き込まれている事を確認してから1~2針落とします。

3.縫う

 

右手で布を軽く持ち上げ、巻き込む布の量が一定になるように調節しながら縫っていきます。


 

幅の調整がむずかしいよ~

左手の人差し指を布の間に入れ込むと調整がしやすくて幅が安定するよ。

半分くらい縫い終えたら、後は布端を折りたたんで一気に縫い上げます。


縫い終わりは6mmより少し多めに幅を取るとわん曲せずにきれいに縫えるよ。

 

4.完成

 


これで三つ巻き縫いの完成です!

始めの方が曲がっちゃったなぁ…

 

縫い始めの方は曲がってしまう事が多いから、初めから数センチ縫い代として取っておくといいかもね。

両手がふさがってしまうからフットコントローラーを使って縫うと
きれいに仕上げることができるよ。

 

 

✖失敗例

布端が出てしまう

▶巻き込む布の量が多すぎると3mmの幅からあふれて縫い目より外に布がはみ出たまま縫われてしまいます。

三つ折りにならない

▶押えに布がきちんと巻き込んでいない状態で縫ってしまったり、巻き込む布の量が少ないと、三つ折りで縫われずに二つ折りになります。

幅が広くなった

▶最初に巻き込む布の量が多いとその分幅が広がり、広い幅のままで縫われてしまいます。


 

綺麗に縫うにはまだまだ練習が必要だなぁ……

慣れるととっても便利なのでたくさん練習して使いこなせるようになろう!

 

コメント